アンとケイトの危険性・安全性と評判・評価

アンとケイトとは?

アンとケイトの概要

おすすめ度
(10段階)
★★★★★★★★☆☆(8/10)
運営会社 株式会社マーケティングアプリケーションズ
ポイント交換先
  • 現金(楽天銀行・ジャパンネット銀行)
  • 現金(その他金融機関)
  • Amazonギフト券
  • iTunesギフト券
  • PeX
  • 寄付(日本赤十字社・ユニセフ)
ポイント交換レート 1ポイント = 1円
最低交換額 300ポイント(300円)から
(ただし、寄付は100ポイントから)
交換手数料 完全無料
ポイント有効期限 年1回の登録情報の更新手続きを行わなかった場合は全て失効
(更新手続きの前にはメール連絡が来ます。また、更新期間は約1ヶ月です。)
携帯(スマホ)での利用 スマホ用のレイアウトあり
年齢制限 7歳以上なら登録できる(未成年は保護者の許可が必要)
家族の登録 登録できるが、別々のメールアドレスが必要。
現金に換金するときは本人の口座が必須。
安全性の判断基準
  • SSL/TLSあり
  • プライバシーマーク
  • 運営歴が長い(2005年~)
メールマガジン アンケートが届くと登録メールアドレスに通知が来る
(設定で停止にできます)
登録必須の個人情報
  • 氏名
  • メールアドレス
  • 未既婚
  • 子供の有無
  • 世帯年収
  • 職業

など多数

アンとケイトが合う人・合わない人

こんな人にオススメ

アンとケイトはマクロミルほどではないものの每日沢山のアンケートが届きます。

また国内アンケートサイトとしては最低ポイントが2~3円分と高めに設定されている(マクロミルの最低ポイントは一律2円分)ため、少しの差ではあるものの効率的に稼ぎやすいアンケートサイトであると言えます。

従って、

  • 地道に沢山のアンケート1件1件に回答することが苦にならない方
  • 国内アンケートサイトで少しでも効率的に稼ぎたい方

にはオススメできます。

また、最低交換額が300ポイント(300円)と低めですので、

  • 毎月確実にポイント交換できるアンケートサイトを利用したい方

にも是非利用して欲しいと思います。

こんな人は利用を控えた方が良い

しかし、他の国内アンケートサイトと同様に大量のアンケートに回答してポイントを稼ぐスタイルを強要されますので、

  • チマチマと沢山のアンケートに回答できない・耐えられないという方
  • アンケート1件で数百円分のポイントを一気に稼ぎたいという方

には向いていないと言えます。

アンとケイトの危険性と安全性

運営会社の規模

アンとケイトは株式会社マーケティングアプリケーションズが運営しています。

  • 設立年月日 : 2006年9月1日
  • 従業員数(連結) : 124名(2016年7月末現在)

設立からちょうど10年で社員数も結構多いと言えます。

事業拠点は東京(本社・新宿)以外にもアメリカ・イギリス・シンガポール・中国・韓国・フィリピンなどにあるようですので、事業規模はかなり大きいです。

株主には老舗アンケートサイトのリサーチパネルを運営している株式会社VOYAGE GROUP(マザーズ上場)やキューモニターを運営している株式会社インテージ(1960年創業)などがいますので、会社の信頼性は特に問題ないでしょう。

運営歴

アンとケイトの正確な運営年数は公式サイトなどに記載されていないため不明ですが、利用規約の附則に「この規約は、2005年2月14日から実施いたします」という文言があるので、少なくとも2005年の時点ではサービスを開始していたということが分かります。

これは2016年9月現在で既に10年以上の運営実績があることを意味していますので、我々回答者はもちろんのことアンとケイトにアンケート調査を依頼する企業からも厚い信頼を獲得できるような事業を継続的に行ってきた証拠です。

つまり、アンとケイト(と運営会社の株式会社マーケティングアプリケーションズ)は十分に信用に足るサービス(と会社)であると判断できます。

SSL/TLS

サイト内には通信内容を暗号化する技術であるSSL/TLSが導入されています。

従って、万が一通信内容を盗聴されてしまったとしても解読することは不可能ですので情報漏えいの心配は皆無です。

アンケートサイトという性質上、マクロミル利用時には多くの個人情報がインターネット回線上を飛び交いますが、安心できます。

プライバシーマーク

日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」を満たすだけの個人情報保護体制が構築されていることを示すプライバシーマークも取得済みです。

多くの個人情報を登録するわけですから、プライバシーマークがあるのとないのとでは安心感が違います。

メールマガジン

新着メールがあると登録しているメールアドレスに通知メールが届きます。

アンとケイトはアンケート数が多いこともあり、メインで使っているメールアドレスを登録してしまうと沢山のメールが来て煩わしいかもしれません。

対策としては、

  • アンとケイト用のメールアドレスを準備する
  • 登録情報のページにて通知メールの配信を停止する

といった方法があります。

後者に関して、通知メールを停止してもアンケート自体が来なくなるわけではありませんので、每日きちんとログインしていれば新着アンケートを逃すことはあまりないと思います。

個人情報の登録

アンとケイトの利用に際して登録しなければならない個人情報は、

氏名(フリガナ含む)・メールアドレス・未既婚・子供の有無・世帯年収・職業・勤務先業種・住所(郵便番号・都道府県・市町村)・電話番号

です。

これら必須の項目はアンケートサイトとしては標準的なボリュームだと思います。

上記に加えて任意の個人情報の、

性別・生年月日・個人年収・住所(市町村以降の丁目・番地・建物名)・銀行口座情報(銀行名・支店番号・口座番号・口座名義)・同居(家族)の人数

を合わせると多いかなと感じるかもしれません。

とはいえ、できるだけ沢山の個人情報を登録した方がアンケートが届きやすくなるのは事実ですので、どこまでなら登録しても良いかの線引を自分の中で考えてアンとケイトを利用する必要があると思います。

アンとケイトの稼ぎ方

アンとケイトでポイントを稼ぐ方法はアンケートのみですが、そのアンケートには3種類が存在します。

国内アンケート

最もスタンダードなアンケートが「国内アンケート」と呼ばれるものです。

数が多く1日に3~5通以上届くことも珍しくありませんので、新しいアンケートが届き次第どんどん回答してポイントを貯めていきましょう。

ほとんどは事前調査と本調査が一体になったものですので、上手く本調査に進むことができればアンケート1件で数十~100ポイント超を獲得することができます。

一部、貰えるポイント数が少ない代わりに設問数も少ない事前調査のみのアンケートもありますが、アンとケイトは最低ポイントが2~3ポイントと高め(マクロミルの最低ポイントは一律2ポイント)ですので、事前調査だけでも結構稼げます。

海外アンケート

アンとケイトと提携している海外業者から配信されるアンケートで、国内アンケートと同様にアンとケイトにログインした後に回答することができます。

海外業者のアンケートなので日本語が少しおかしかったりすることはありますが、怪しいアンケートではありませんし回答には支障がないレベルですので気にする必要はありません。

ポイントは回答直後ではなく後日加算の場合が多いです。

ただ、設問数が異様に多いときがありますので回答にかかる時間と貰えるポイント数(大抵は1~数十ポイント)を考慮すると必ずしも効率的に稼げるとは言えませんし、国内アンケートだけでも十分に稼げます(少なくとも毎月ポイント交換できるレベルです)ので、海外アンケートは全て無視してしまうという利用方法もありだと思います。

その分の浮いた時間をマクロミルオピニオンワールドバリュードオピニオンといった稼ぎやすいアンケートサイトの利用に費やせば、トータルではより効率的に稼ぐことができるからです。

アドアンケート

アンケート数が非常に少ないため、お目にかかる機会が少ないです。

私もまだ回答したことがありません。

「『アド』アンケート」という名前から想像すると、商品やサービスの広告(Advertisement : アドバタイズメント)を見た上でその感想や購入(利用)したいかどうか等を回答するタイプのアンケートではないかと思われます(ボイスノートのアンケートのようなイメージ)。

ただ、この記事を書いている時点では詳細不明なので分かり次第正確な情報に修正する予定です。

ポイント交換

アンとケイトのポイント交換先は、

  • 現金(楽天銀行・ジャパンネット銀行) : 500pt(500円)
  • 現金(その他金融機関) : 1,000pt(1,000円分)
  • Amazonギフト券 : 300pt(300円分)
  • iTunesギフト券 : 500pt(500円分)
  • ドットマネー : 300pt(300円分)
  • PeX : 500pt(500円分)
  • 寄付(日本赤十字社・ユニセフ) : 100pt(100円分)

の7種類で、交換手数料は完全無料で一切かかりません。

最低交換額は寄付を除くと300ポイント(300円)からと交換しやすいですし、いずれの交換先も有用なものばかりです。

ドットマネーがおすすめ

とはいえ、ポイント交換先に.money(ドットマネー)があることから、特別な理由がなければ基本的にはドットマネーを選択するべきです。

ドットマネーなら、

  • ドットマネーへの交換時に数%のボーナスを貰える
    (2016年9月時点だと3%なので、1,000円分のptが1,030円分のマネーになる)
  • ドットマネーの交換先が豊富
    (Amazonギフト券、iTunesギフト券、航空会社マイル、nanacoポイント、Vプリカ、Tポイント、WAON、etc)
  • ドットマネーから各交換先への交換レートが良い
    (Amazonギフト券やiTunesギフトコードは常に1%OFF)

といったお得な点が沢山あるからというのがその理由です。

例えば、Amazonギフト券300円分が欲しいならアンとケイトからでも直接入手することができますが、ドットマネーを経由することで、

  1. 「アンとケイト → ドットマネー」への交換 : 「300pt → 309マネー」
  2. 「ドットマネー → Amazonギフト券」への交換 : 「309マネー → 312円分」

となり、300円分のポイントで312円分のAmazonギフト券をゲットできるため非常にお得です。

二段階での交換となるため直接交換するときよりも少し時間がかかりますが、多少手に入るのが遅くなっても良いというのであればドットマネーの方が断然有利です。

Amazonギフト券以外の交換先についても同様にお得ですので、繰り返しになりますが特に理由がないならドットマネーを選択するのが賢いです。

まとめ

アンケート数が多く最低ポイントも高いですので、国内アンケートサイトとしてはマクロミルに次ぐ稼ぎやすさです。

沢山のアンケートに回答してコツコツ稼ぐことが苦でなければマクロミルと併用することで毎月安定した金額を稼げるようになるはずですので二刀流で稼ぎましょう。。

逆に、「チマチマと回答するなんて面倒でやってられない!」という性格だと利用してもストレスが貯まる一方で幸せにはなれないと思いますので、少ないアンケート数で高額報酬を確保できるオピニオンワールドバリュードオピニオンなどの外資系アンケートサイトを利用することをオススメします。

自分の性格に合わせてサイトを上手く使い分けることが大切です。