GetMoney!(ゲットマネー)の危険性・安全性と評判・評価

ゲットマネーとは?

ゲットマネーの概要

おすすめ度
(10段階)
★★★★★★★★★☆(9/10)
運営会社 株式会社インフォニア
ポイント交換先
  • PeX
  • NetMile
  • Amazonギフト券
  • iTunesギフトコード
  • 現金
  • aコイン
  • GetMoney!ポイント基金
ポイント交換レート 10ポイント = 1円
最低交換額 500ポイント(500円)から(GetMoney!ポイント基金を除く)
交換手数料 完全無料
ポイント有効期限 ・6ヶ月の間ポイント獲得がないときは全て失効
・3月の獲得ポイントが0でかつ10,000pt以上保持しているときは
10,000ptを超える分は失効
携帯(スマホ)での利用 スマホ用のレイアウトあり
無料コンテンツ クリックポイント・每日1,000円・HIGH AND LOW・ナンバー6など
手軽で稼ぎやすいものが多い。
ただし、広告利用が参加条件となっているもの以外は効率が悪い。
広告数・還元率 広告の種類は一通り揃っているが広告数はあまり多くない。
たまに他のお小遣いサイトよりも圧倒的に高還元の広告があるので狙い目。
ランク制度 なし
年齢制限 なし(20歳未満は保護者の同意が必要)
家族の登録 1家族4名まで登録できる(本人を含む)
メールアドレスは個別のものが必要
安全性の判断基準
  • 運営企業の規模・運営歴
  • SSL/TLS
  • プライバシーマーク
  • JIPCに加盟済み
メールマガジン 1日に3~5通くらい届く
登録必須の個人情報
  • メールアドレス
  • 氏名
  • ニックネーム
  • 都道府県
  • 性別
  • 生年月日
  • 都道府県
  • 結婚(未既婚)
▼ここから無料登録できます。▼
お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

ゲットマネーが合う人・合わない人

こんな人にオススメ

ゲットマネーは一部の広告が他のお小遣いサイトよりも遥かに高額であったり、Yahooショッピングの還元率がお小遣いサイト界で一番高いという特徴があります。

また、2016年9月現在では唯一Amazonでお得に買物をできるお小遣いサイトです。

従って、

  • 広告のポイント数を複数サイトで比較して一番高いサイトで申し込みしたい方
  • Yahoo!ショッピングでよく買い物をする方
  • Amazonでよく買い物をする方

などにオススメです。

また、クリックポイントが豊富だったり、広告を利用することで参加できるようになる無料コンテンツは手軽で稼ぎやすいものが多いという特徴もありますので、

  • コツコツとポイントを貯めるのが好きな方
  • 広告と無料コンテンツの両方でバランス良く稼ぎたい方

にも利用しやすいお小遣いサイトです。

こんな人は利用を控えた方が良い

一方で、広告の種類や数はあまり多くなく、無条件で参加できる無料コンテンツは効率の悪いものが多いことから、

  • 広告利用を一つのサイトに集中したい方
  • 無料コンテンツだけで稼ぎたい方

などはゲットマネーを利用しても稼ぎにくいお小遣いサイトだと感じてしまう可能性が高いですので利用を控えた方が良いかもしれません。

ゲットマネーの危険性と安全性

運営企業の規模・運営歴

ゲットマネーは株式会社インフォニアが運営しています。

  • 創業年月日 : 1997年6月17日
  • 設立年月日 : 1999年9月21日
  • 資本金 : 2億1150万円
  • 従業員数 : 100名 (平成28年04月01日現在)

ご覧の通り、会社の規模が大きく創業から約20年も事業が継続されていますので、順調に成長してきた様子が伺えます。

また、お小遣いサイトの「ゲットマネー」は2008年(平成20年)にスタートしていますので現時点で約8年の運営実績があります。

創業開始からの約20年と比較すると短く感じられるかもしれませんが、盛衰が激しいウェブサービスが約8年も継続しているという事実はそれだけで優良サイトである証拠みたいなものですので、ゲットマネーは信頼性が高く危険性はないと言えます。

SSL/TLS

サイト内には通信内容を暗号化する技術であるSSL/TLSが導入されています。

従って、万が一通信内容を盗聴されてしまったとしても解読することは不可能ですので情報漏えいの心配は皆無です。

アンケートサイトという性質上、マクロミル利用時には多くの個人情報がインターネット回線上を飛び交いますが、安心できます。

プライバシーマーク

日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」を満たすだけの個人情報保護体制が構築されていることを示すプライバシーマークも取得済みです。

多くの個人情報を登録するわけですから、プライバシーマークがあるのとないのとでは安心感が違います。

JIPCに加盟

また、JIPC(日本インターネットポイント協議会)にも加盟済みです。

JIPCに加盟しているお小遣いサイト(ポイントサイト)は、

  1. 誠心誠意、サービス運営を行ってまいります。
  2. ユーザーの皆様の利益を損なうことのないよう努めます。
  3. ユーザーの皆様からのポイント交換はいつでもお受けします。
  4. サービス終了やポイントの価値が変更する場合は、最低1ヶ月前に必ずご連絡いたします。
  5. JIPCは、上記内容を遵守しないポイントサービス、会社の加盟は許しません。

という「お約束」に基いて運営されていますので、万が一サイトが閉鎖するような事態に陥ったとしても事前告知や閉鎖前のポイント交換を確実に行ってくれるという安心感があります。

メールマガジン

ゲットマネーに登録すると、クリックポイントが付いたメールやアンケートメールが1日に3~5通くらい届くようになります。

とても多いというわけではありませんが少ないわけでもありませんので、メールボックスが埋もれてしまう原因のひとつになると思います。

残念ながら設定変更によって配信停止することはできませんので、

  • お小遣いサイト用のメールアドレスを取得して登録する
  • フィルタ機能でしっかりフォルダ分けする

などの対策を行った方が良いです。

なお、クリックポイントのメールはゲットマネーにログインした後のマイページから確認できますので、メールボックスに届いたメールは破棄してしまっても問題ありません。

登録が必要な個人情報

登録の際に必ず必要となる個人情報は、

  • メールアドレス
  • 氏名(フリガナ含む)
  • ニックネーム
  • 都道府県
  • 性別
  • 生年月日
  • 結婚(未既婚)
  • 銀行口座情報(支店名・口座番号) : 登録時は不要だが、初回交換時は必須

ですので、お小遣いサイトとしては普通かやや少ないくらいです。

いずれも個人の特定に至る情報ではないので、個人情報の登録に抵抗感がある方でも安心できると思います。

個人情報を登録する際に注意しなければならないのは、氏名とフリガナに偽名を使うとポイント交換ができなくなるという点です。

ゲットマネーの仕様上、初回のポイント交換では本人確認のために現金(本人の銀行口座への振込)以外を選択することはできないのですが、銀行口座の名義は登録した氏名・フリガナと同じでなくてはならないからです。

姓は後から変更可能ですが名は変更不可であるため、一度偽名で登録してしまうと銀行口座への振込ができなくなってしまってその時点で詰んでしまいます。

本名の登録を避けたいがために偽名を使いたくなる気持ちは分からないでもないですが、嘘を付くと思わぬ落とし穴にハマることになりますので絶対に止めましょう(そもそも利用規約で虚偽情報の登録は明確に禁止されています)。

ゲットマネーの稼ぎ方

無料コンテンツ

クリックポイント(クリポメール)

1日に3~5通程度のメールが届き、メール本文の指定のURLをクリックすることで1通につき3~5ポイントを稼げます。

クリックURLの近くには、

……………………▼▼▼ クリックで○Ptゲット ▼▼▼……………………

http://example.com/

…………▲▲▲ 広告の説明文▲▲▲…………

という感じで分かりやすい文言が掲載されているので見逃すことはないと思います。

1通のメールで稼げるポイント数は大したことないものの、每日安定して稼げるのでコツコツとクリックしていれば地味にポイントが貯まります。

登録したメールアドレスからクリックしても良いのですが他のメールに埋もれてしまって当該メールを探すのが大変ですので、直近7日間のメールを確認できるマイページの「クリポメール」からクリックするのが楽です。

また、1~2日単位でまとめてクリックすると効率的です。

每日1,000円

1,000円が当たる抽選会に每日応募することができます。

最大で1日に9口まで応募できますが、

  • Ver.1(1口) : 無条件(無期限)
  • Ver.2(1口) : 「☆獲得予定」の広告を利用(30日間)
  • Ver.3(1口) : 指定の広告を利用する(30日間)
  • Ver.4(1口) : 指定の広告を利用する(30日間)
  • Ver.5-1(2口) : ポイント交換を行う(無期限)
  • Ver.5-2(3口) : ポイント交換を行う(30日間)

のように条件をクリアしないと応募できないものが大半ですので、ゲットマネーに会員登録した直後はVer.1の1口しか応募できません。

每日1,000円に「本当に每日応募し続ける」ときには、

  • 「☆獲得予定の広告を30日おきに利用する」 : Ver.2(1口)
  • 無料会員登録等で5,000pt以上を稼いでポイント交換を済ませる : Ver.5-1(2口)
  • FX口座開設等で大量ptを稼いで30日おきに5,000ptずつポイント交換する : Ver.5-2(3口)

といった方法を駆使すればVer.1(無条件で1口)と合わせて計7口を応募し続けることができます。

応募人数は「Ver.1 > Ver.5-1 > Ver.5-2 > Ver.2 > Ver.3 > Ver.4」の順に少なくなくなりますが、Ver.3とVer.4は指定の広告が申し込みにくいことが多いので基本的には無視でOKです(いけそうだったら申し込んでみましょう)。

肝心の当選確率はアレなのですが、いずれもボタンをクリックするだけでお手軽なのでとりあえず応募しておくと幸せになれる日がくるかもしれません。

HIGH AND LOW

2枚のカードのうち1枚を選び、当たりが出ると10ポイントが貰えます。

「☆獲得予定」の広告を利用した後の15日間に限って1日1回だけプレイできます。

当たりが出た翌日に再び当たりが出ると2倍の20ポイントが、更に翌日に当たりが出ると40ポイントが、という具合に連続して当たりが出ると報酬額が倍々ゲームで増えていくので地味ながら白熱する面白いゲームです。

私は過去に320ポイントまで増えた(6日連続で当たった)ことが2回あります。

なお、本当に無制限にポイントが増えるのか、一定のポイント数まで達したら必ずハズレになる等の制限が設けられているのか、そのあたりの仕様は不明です。

ポイント6

1~6の数字ごとに指定された広告を利用してエントリーを行い、エントリーした数字と抽選された数字が一致するとポイントを獲得できます。

  • 1等(3つの数字が一致) : 100,000ptを当選者全員で山分け
  • 2等(2つの数字が一致) : 60,000ptを当選者全員で山分け
  • 3等(1つの数字が一致) : 40,000ptを当選者全員で山分け

毎月15~翌月14日の期間に開催されていて数字の発表は21日に行われます。

数字が6つしかないのに抽選される番号は3つもあるのでエントリー数さえ増やせれば当選確率はかなり高くなる上に、1等に当選すれば2等と3等も当たったことになるため、6つの数字全てにエントリーすると1万円以上の賞金を手にすることができたりします(当選者数によって上下します)。

しかし、無条件でエントリーできる「1」以外は一度しか申し込みをできない広告が条件に掲げられていることが多いため、全ての数字にエントリーするのは容易ではありません。

ゲットマネーだけではなく他のお小遣いサイトで申し込みしたことがある広告も二度目の利用はできませんので、全エントリーを目指すならお小遣いサイトの利用歴が浅いうちに思い切ってやってしまう必要があります。

コズミックワールド

1日2回サイコロを振って1週間以内に60マス先のゴールを目指すすごろくゲームです。

1位入賞で77,777ポイント(約7,777円)を獲得できますが、イベントや広告を利用して有利なアイテム(サイコロを5個振ることができる、等)を手に入ればければ優勝は難しいです。

順位に関わらずゴールさえすれば50ポイントを獲得できるため、参加賞目当てでプレイするというスタイルもありだと思います。

その他

上記以外の無料コンテンツは時間効率が悪く稼ぎにくいですので、特別な理由がなければ全て無視すべきです。

特に、アンケートに回答するつもりなら、

などのアンケート専門のサイトでアンケートに回答する方が大きな金額を稼げますので、わざわざゲットマネーでアンケートに回答する理由は皆無です。

広告利用

ゲットマネーは、一般的なお小遣いサイトで利用できるほとんどの広告、例えば、

  • スマホへの無料アプリインストール
  • 無料会員登録
  • 有料会員登録
  • ネット銀行口座の開設
  • クレジットカードの発行
  • FX口座の開設
  • ショッピング

などが一通り揃っています。

広告の数自体はあまり多くなく選択肢が少ないため、ゲットマネーで広告を上手に利用するためには以下に記すようなコツを知っておく必要があります。

高額報酬の広告がある

広告の還元率は全体的には普通といったところですが、たまに他のお小遣いサイトを遥かに上回る高還元のポイントが紛れていることがあります。

特にFX口座開設の広告が顕著で、他サイトでは精々1万円台後半なのにゲットマネーでは2万円を余裕で超えるような報酬が設定されていることも珍しくありません。

従って、一番お得に広告を利用したいときには、必ずゲットマネーの還元率を調べてから申し込むようにするのが良いです。

Yahoo!ショッピングが高還元率

主要な広告の中では、Yahoo!ショッピングの広告は還元率が2.0%に設定されていますが、これはどこのお小遣いサイトよりも高い値です(2016年9月現在)。

ゲットマネー以外のサイトでは高々1.0%なので2倍もお得というわけです。

Yahoo!ショッピングを頻繁に利用しているなら、ゲットマネーを経由するのがお得です。

Amazon利用でギフト券が当たる

ゲットマネーの大きなメリットの一つとして、Amazonで3,000円以上の買い物をすると5人に1人の確率でAmazonギフト券500円分が当たる、という点が挙げられます。

他のお小遣いサイトではAmazonで買い物をしたときに還元が行われることは一切ありません(ランクアップ対象になるサイトはあります)ので、「ギフト券が当たる可能性がある」というだけでゲットマネーを選ぶ理由になると思います。

問題点があるとすれば抽選なので必ずAmazonギフト券を貰えるわけではないということですが、5人に1人(20%)という超高確率ですので毎月Amazonで買い物をするならよほど運が悪くない限りはそのうち当たります(3ヶ月で1回以上当たる確率は約50%、6ヶ月なら約75%です)。

友達紹介制度

ゲットマネーの友達紹介制度には、

  • 2ティア報酬として友達が広告利用で獲得したポイント数の50%を還元(※)
  • 月間の紹介数ランキングで上位入賞すると最大10万円が貰える(最低1万円)

という特典があります。

※正確には「友達が稼いだポイント数の50%に相当するポイントを貰える」という内容ですので、友達が稼いだポイントが減るわけではありません。

しかし、

  • 還元対象外の広告が多過ぎる
  • 家族や友人を紹介する程度では賞金を貰える10位以内に入るのは不可能

という壁がありますので、ほとんどの人にとってはあまり役に立たない制度だと言わざるを得ません。

還元額を増やしたり入賞するためには、お小遣いサイトや副業に関するブログを運営して大量アクセスを集めて沢山の友達紹介を成立させる必要があるため道のりは困難です。

ポイント交換

ゲットマネーのポイント交換先は、

  • PeX : 5,000pt(5,000PeXpt)
  • NetMile : 5,000pt(1,000マイル)
  • Amazonギフト券 : 5,000pt(500円分)
  • iTunesギフトコード : 5,000pt(500円分)
  • 現金 : 5,000pt(500円)
  • aコイン : 1,000pt(100aコイン)
  • GetMoney!ポイント基金 : 100pt(10円)

の7種類で、いずれも等価・手数料無料で交換できます。

現金に換金するときは、楽天銀行や住信SBIネット銀行を選べば最低換金額が500円なのでオススメです(他は1,000円から)。

ゲットマネーへの登録は本名で

なお、初回交換時は本人確認のために現金(銀行への振込み)しか選択できませんし、その際はゲットマネーに登録した氏名と同じ名義の口座にしか入金できませんので、偽名でゲットマネーに登録しているとポイント交換ができません(一旦氏名を登録すると「姓」は変更できないため)。

つまり、初回のポイント交換が終わらないと他の交換先は選択できないため、偽名で登録した時点で詰んでしまうということです。

そもそも虚偽情報の登録自体が明確な利用規約違反ですのですべきではないのですが、個人情報の登録に抵抗があるからといって嘘をついても良いことはありませんので、正直に本名で登録しておきましょう。

ポイント失効に注意

ゲットマネーのポイント有効期限には2つのルールがあります。

1つ目は、「6ヶ月ルール」で、半年以上ポイント獲得がなければ全ポイントが失効するというものですが、クリックポイントでもポイントを獲得したことになるため、幽霊会員でもなければ適用されることはまずないと思います。

注意しなければならないのは2つ目の「3月末ルール」です。

これは、

  • 3月の獲得ポイントが0である
  • 3月末日に10,000ポイントを超えるポイントを保持している

という条件を両方とも満たすときは年度を超えて10,000ポイントよりも多いポイントを持ち越しできないというルールですので、クリックポイント等でポイントを獲得するか3月末日までにポイント交換を行わなければ10,000ポイントを超える分が全て失効してしまいます(10,000ptだけは残る)。

例えば、50,000ポイントを持っているときに「3月末ルール」が適用された場合は40,000ポイントが消失して10,000ポイントだけにリセットされる、ということです。

この場合も幽霊会員でなかったりこまめにポイント交換をしていれば問題にならないルールではありますが、年度末は仕事が忙しくて3月はゲットマネーを全く利用できないという人や、大量ポイントを貯めてからまとめてポイント交換したいという性格の人は気が付かないうちに「3月末ルール」に引っかかってしまって年度初日に泣くことになるため気を付けなければなりません。

まとめ

ゲットマネーは掲載されている広告のジャンルこそ豊富ですが広告数自体はあまり多いとは言えませんし、稼ぎやすい無料コンテンツ・ゲームに参加するためには広告を利用しなければならないことが多いため、一切広告を利用せずに完全無料でポイントを稼ごうと思ってもなかなかポイントが貯まりません。

そのせいなのか、巷では他のお小遣いサイトと比較してあまり評価が高くないように思います。

しかし、他サイトの追随を許さない高額報酬の広告がある、Amazonで買い物をするとAmazonギフト券が当たる、広告利用が参加条件の無料コンテンツ・ゲームは手軽で稼ぎやすいといったメリットがありますので、これらの特徴をきちんと把握した上で活用できれば、一転して優良サイトに早変わりです。

広告と無料コンテンツの両輪で効率良くポイントを稼ぎたいならオススメできるお小遣いサイトだと言えます。

▼ここから無料登録できます。▼
お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!